FC2ブログ
映画とか、小説とか、アニメとか、
「泣けるシーン」で泣けたためしがない。

現実の悲しみも「泣けるシーン」とするなら、それも泣けない。

脚色によって肥大した悲哀ですら泣けやしないのだから、当然のことだ。



…どこかに心を置いてきてしまったから。

自分を売り払ってしまったから。

だから、「正直な涙」を失った。

模倣することしかできなくなった。



心が、自分が、確かに存在した時の私は、簡単に傷付いてしまう子だった。

簡単に涙を流してしまう子だった。

ひたすらに願った、強い私、「泣かない私」。




欲していた「泣かない私」は、存外楽に手に入った。

だからこれで大満足、願ったり叶ったり。

「そうだよね」 って確認してみる。

置き去りにした心に、売り払った私に。




返事はいつも、帰ってこない。
スポンサーサイト




09/03|世迷い言コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
~Cat様~
へぇ…ちょっと羨ましいです(* ̄∀ ̄*)

でも、嫉妬は何だか大変そうですね(^_^;)アハハ

滅入ってしまわないよう、程々にお願いしますね(笑)
From: ハラショー * 2013/09/05 00:41 * URL * [Edit] *  top↑
~まりや様~
いえいえ、そんなことは。
傲慢だとは思いませんよ。

涙が出ないからどうということもないのでしょうけど…

失ってから、それを手にしていた時が如何に幸せだったか気付くんですよね。
一度失くすと、どれだけ目を塞いでも失くしたものに気を取られてしまって…。

いつか正直に泣ける日が来るのでしょうかね。

来ないのだとしたら、せめて、「泣けない人」が少しでも減ってほしいものです。
From: ハラショー * 2013/09/05 00:19 * URL * [Edit] *  top↑
No title
悲しい時、苦しい時は素直に涙を流すべきですよ。
私はいつも、自分の心に素直に感情を表すことが出来ますよ、だから相手の心がわからぬまま涙が溢れます。

…いつも嫉妬に苦しんで…キャー♪ヾ(o≧∀≦o)ノ゙そんな恋がしたい!!
From: Cat * 2013/09/04 00:33 * URL * [Edit] *  top↑
No title
すごく、心に沁みました。

私も、泣けないんです。実際に。

ここから少し、私事になりますが。
自分の場合、いつからか、涙を許して受け止めてくれる人が居なかったから
それなら傷つきたくなくて、泣きたくなくて、いつの間にか強さだけが自分のよりどころになっていたんだと思います。
でも、多分一番奥の自分は、どうしようもなく脆くて弱い。
だから一度だけ、優しさから自分の壁をある友人に壊された時(正確にはそれを自分で認められた時)
自分が水になってしまいそうなくらいに泣きました。

それでもやっぱり、未だにかつての自分は何処かに取り残されたままみたいなんですけどね。。
一度泣いて分かったことは、自分が強がってきただけだったという事実だけみたいで。
また今は、泣くこともできない自分がここにいる…

だから、傲慢な言い方かも知れませんが、
すごく、共感しました。
From: まりや * 2013/09/03 22:06 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
カウンター
カレンダー
<< 11
2020
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

nindou

Author : nindou
 
この頃一人称や文体・・・

その他いろいろ不安定ですw


不定期更新…気分で
増えたり減ったりしますw

更新履歴


(05/12)

近況 (03/03)

円環 (02/04)

何も選ばないでいられたら… (01/29)

ナメてる (01/24)

罪業 (01/18)

第1917回「小さな悩み」 (01/13)

明けてました… (01/03)

あんまり更新できないまま… (12/31)

(12/19)

総記事数:
最新コメント
アーカイブ

2015年 05月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【7件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【6件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【9件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【19件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【18件】
2013年 06月 【15件】
2013年 05月 【32件】
2013年 04月 【34件】
2013年 03月 【28件】
2013年 02月 【25件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【19件】
2012年 11月 【18件】
2012年 10月 【4件】
2012年 09月 【11件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【19件】
2012年 04月 【40件】
2012年 03月 【46件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【29件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【9件】
2011年 08月 【22件】
2011年 07月 【11件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【30件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【6件】

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR